「涙の表面張力」メンバーへの期待① : 向井地美音

小栗有以と向井地美音
岡部チームAのセンター・エースの座は、小栗有以と向井地美音の2人が奪い合うことが予想されます。
向井地美音は次世代メンバーの中でも安定した人気を誇り、44thシングル「翼はいらない」で単独センターに抜擢されましたが、第9回選抜総選挙では17位と痛恨のランクダウンで選抜落ち。
一方、小栗有以は昨年卒業した渡辺麻友が認めた後継者ということで追い風も吹いており、人気急上昇中。
小栗有以のシングル単独センター待望論も根強く、一見、向井地美音がチームA内、およびAKB48内のエース争いに遅れをとっているように見えます。
しかし、小栗有以はまだ16歳。
女性アイドル業界全体として高齢化が進む中、16歳という年齢はまだ若く、深夜の生放送番組・イベントに出演できなかったり、グラビアなどにおける衣装の制限があったり、活動に制約があります。
また、学業との両立も難しいところであり、アイドルとしてフルに活動することができない年齢です。
一方で、向井地美音は20歳。
アイドルとしてフルに活動できる年齢です。
小栗有以が安定した人気を獲得し、アイドルとしての適齢期を迎えるまでは、向井地美音を現行のエースとして立てるのが自然だと考えられます。

 

脱・大島優子の後継者
向井地に卓越したセンター適性があるかと言われたら疑問符がつきます。
同期の15期生には、カップリング楽曲を中心に数々の楽曲でセンターを務め、ドラマの主演にも抜擢された大和田南那という絶対的存在がいました。
大和田南那と向井地美音の関係は、前田敦子大島優子の関係にも例えられ、大和田が卒業するまでは、向井地は大和田に次ぐ二番手という印象がありました。
大島優子は卒業に際し、自身のヘビーローテションのセンターの座と衣装を向井地美音に託し、事実上、向井地は大島優子の後継者といった形になりました。
その後の組閣で、向井地は大島優子が加入から卒業まで所属していたチームKに配属され、このまま大島優子の後継者として活動すると思われました。
しかし、今回の組閣では大島優子が一度も所属したことのないチームAに配属されました。
事実上、大島優子の後継者という看板は外した形となりました。
子役出身である、低身長であるなど大島優子と表面的な共通点はたくさんあったものの、大島優子の魅力の1つであった低身長をカバーするはつらつなパフォーマンスは誰にも真似できるものではありません。
大島優子の後継者という重すぎる看板を外し、大島優子のようなセンターあるいは、センターそのものに固執しないことで向井地本来の魅力が引き出せるのではないかと考えます。

 

直近の成功者 川栄李奈に続け
チームAは前田敦子をはじめ、大島麻衣小嶋陽菜篠田麻里子指原莉乃などAKB48の活動を行いながら外仕事を着実にこなすメンバーが多く在籍していました。
残念ながら、向井地美音は低身長で小嶋陽菜篠田麻里子のようなモデル仕事には向いておらず、優等生な印象が強いため大島麻衣指原莉乃のようなバラエティー仕事にも向いていません。
そのため、彼女が請け負える外仕事は消去法で女優業となります。
前田敦子大島優子など卒業後、主演クラスの女優として活躍するメンバーもいますが、一度主演級の待遇で迎えられてしまうと、主演以下の役でキャスティングされにくく、継続的にメディアに出続けることは難しくなってしまいます。
しかし、卒業生で元チームAの川栄李奈は脇役クラスの女優として継続的に数々のドラマに出演し、複数のCMに出演するなど人気を博しています。
脇役を演じることは主演を演じるより敷居が低いように感じますが、主演を立てながら演技するという高度なスキルや、華がありすぎてもなさすぎてもいけないという奇妙な資質が求められます。
向井地はドラマ「豆腐プロレス」で、主演の宮脇咲良の親友役を名演していたことから、脇役を演じるスキル・資質が十分にあると考えます。
子役時代、ドラマ「アンフェア」にて、主人公の篠原涼子の娘役を演じたという輝かしい経歴を前面に押し出しながら、向井地がAKB在籍中に第二の川栄李奈になることを期待します。

 

まとめると…
◯小栗有以が育つまでは向井地美音
向井地美音大島優子ではない
川栄李奈のような脇役もできる女優に

AKB48 : 12周年目にして「真面目」というグループカラーが確立

岡田奈々向井地美音高橋朱里
ここらへんのメンバーが、
今の純AKB(以下、AKB48)の顔と言えるでしょう。

正直、
他の姉妹グループのフロントメンバーや、
神7がいた頃のAKB48と比較してしまうと、
真面目で良い子たちなんだけど、
タレント性に欠ける……と感じてしまいます。

これはあくまで私の感覚で、
私は努力の人よりも生来的な華を持った人に
憧れを抱く傾向にあります。

例えば、
14期生であれば、岡田奈々より小嶋真子
15期生であれば、向井地美音より大和田南那
16期生であれば、浅井七海・山内瑞葵より田口愛佳
といった感じです。

小嶋真子・大和田南那・田口愛佳は、
前田敦子が築き上げたセンター像に
フィットしているメンバーでしょう。

しかし、
大和田南那は
素行があまりよろしくなく卒業
小嶋真子
某掲示板では酷いあだ名を付けられ失速
田口愛佳に関しては何もありませんが、
浅井七海・山内瑞葵と比較すると、
相対的に真面目さに欠く印象があります。

私は、
華があるメンバー、
タレント性があるメンバーに関しては
素行がどんなに悪くてもOKというスタンスです。

須藤凜々花の結婚宣言についても、
抜群の才能・スキルを兼ね備える彼女だから、
まったくもってOKだと思いました。

ですから、
AKB史上トップクラスのルックスを誇った
大和田南那の卒業は、
非常に 痛い と感じました。

意外と、
私のようなスタンスのファンは
たくさんいるように感じます。

現在、
栄華を極めている乃木坂46のスタンスは
私のそれに類似していて、
今でも不倫報道があったメンバーが
当たり前のようにメンバー活動をしています。

中には、執拗にスキャンダルを持ち出して
当該メンバーを批判し続けるファンもいますが、
その件をスルーするファン、知らないファンが
多数派な印象を受けます。

ただ、
福神常連だった松村沙友理
見事、復活を果たしたのに対し、
アンダー常連だった川村真洋
存在が淘汰されているところが
残酷なところであります。

このように、
アイドルに素行の良さを重視しない
いわゆるライト傾向にあるファンは
乃木坂46に流出したと思われます。

そこで、
AKB48にそのまま残ったのは、
恋愛禁止の遵守を重要視し、
アイドルに処女性を求めるファン層でしょう。

このファン層に受け入れられやすいのが、
岡田奈々高橋朱里向井地美音のような
真面目なメンバーなのでしょう。

AKB48のグループカラーを語る上で、
無視できないのは総監督の存在です。

初代総監督の高橋みなみ
「遊びな遊びな」という名言を残したのに対し、
マジレッサーの異名を持つ二代目総監督の横山由依
真面目さで頂点に上り詰めました。

このように、
AKB48に留まったファン層、
そして現在の総監督の人柄から、
AKB48のグループカラーは
「真面目」とするのが自然でしょう。

小嶋真子加藤玲奈のような
いい意味で真面目に見えないメンバーは、
今のAKB48では損な役回りかもしれません。

ただ、
AKBのグループカラーが真面目なだけであって、
メンバーには、
真面目の上にさらなる個性が求められます。

次回以降、
岡田奈々向井地美音高橋朱里
スポットライトを当てていきます。

私はアイドルになれるのでしょうか。

 

私はアイドルになりたい。

私の中のアイドルの定義は、
ルックスも性格も優れていて、
ちやほやされる存在。

この定義に
歌唱力やダンス力などのスキルを加えると、
芸能界のアイドルに限った話に
なってしまうため、あえて含めませんでした。

そう、一般社会にもアイドルっていますよね

いつもニコニコしていて、
悪口など一切言わず、
誰とでも同じように接する人。

私は憧れます。

八方美人だとか、
自我を抑えて周りに同調してるだけとか、
否定的な意見もあると思いますが、
私の理想とする人間像です。

よし、明日からアイドルのように振る舞うぞ

そう意気込んでも、
学校へ行っていつもの友人と会えば、
悪口を止めることができません。

私は人より性格が悪いと思います。
というか、批判的思考力が強いと思います。

私「あの人って◯◯(悪口)だよね」
友「それな!」

みんなが薄々思っていることを
私が的確に代弁して共感を得る
同じ思想と敵を持った人たちとの間に
友情みたいなものが形成される。

この手口でしか、
友だちを作ったことはありません。

必然的にその友だちが私に求めるのは、
新たに共感できる悪口であったり、
人を批判するための人間観察力であったり、
代弁者や世論形成者的な素質なのです。

たしかに、
悪口を言ったり、
人間観察をしたりすることは好きです。

ですが、
私のなりたいアイドル像からは
かけ離れているので、
悪口を言ってる自分にジレンマがあります。

ところで、
私にはSNSの裏垢があります。

私の裏垢は
表垢で理想的な振る舞いをするため、
表垢で言いたいけど言えないことを
このアカウントで言って我慢しよう!
という目的で作りました。

最初のうちは、
使い分けができていました。
しかし、徐々に表垢でも、
自分の本性は露わになってしまいます。

この原因は、
自分がこう思ってることを知ってほしい、
自分のスキルを見てもらいたい
自己顕示欲がぬくぬく出てくるからでしょう。

まあ、
これは人間的な感じで仕方ない気もしますが
私の理想のアイドル像の中に、
無機質さがあります。

表垢といっても、
学校の生徒 うん十人程度なのですが…
自己顕示欲を示したい傍で、
アイドル的な無機質性も示したいという
ジレンマがここにもあります。

そこで、
私は私を
人間的な私とアイドル的な私の2人に
分けることにしました。

人間的な私は、
仮名で自分を知らない人を対象に
アイドル的な私は、
実名で自分を知っている人を対象に
活動していけば、
この2人は交わることなく、
棲み分けられるのではないかと考えました。

人間的な私の自己顕示欲を満たすため、
そしてアイドル的な自分を成立させるため、
ここでは人間的な私が語り尽くします。

主に、
芸能や文化、言語について
自由に書いていきます。

見てくださっても、
見てくださらなくても構いません。

私の私による私のためのブログです。