なぜ「東京五輪学生ボランティア応援団」のHPを読めないのか?

2018年8月20日Twitterで「東京五輪学生ボランティア応援団」が話題になりました。

ホームページは、学生たちに向けて如何に東京五輪ボランティアに参加することが有意義であるかを盲目的に説得する体裁を取りながら、東京五輪、およびそのボランティアへの辛辣な皮肉を書き連ねるという真の目的が隠されています。

Twitter上では、この文章を書いた作者の批判的思考力を評価する声が上がり、若者のやりがいを搾取する学生ボランティアについて議論が巻き起こりました。その一方で、ホームページの皮肉に気づけない者、その皮肉に気づけない者を批判する者、その皮肉に気づけない者を批判する者を批判する者…といったように、このホームページを読解する力に関して論争が巻き起こりました。

なぜ「東京五輪学生ボランティア応援団」の真のメッセージを読み取れないのか、考えてみました。

 

スクショの罠

私がこのホームページに、トレンド2位の「東京五輪学生ボランティア応援団」をタップ、スクショされた文章を読む、「何これ?」と思いホームページのリンクを踏むという経緯で辿り着きました。恐らく、私以外にもこのような経緯でこのサイトを知った方はいらっしゃると思います。

しかし、このホームページの文章量は1枚のスクショじゃ収まらないどころか、Twitterに上げられる画像の枚数の上限である4枚でも治りません。さらに、どこをスクショするかはスクショしたユーザーの感性によるため、必ずしもこのホームページの全てが凝縮された部分をスクショしているとは限りません。

そのため、スクショという氷山の一角だけを見て、議論に加わるユーザーが皮肉を理解していない者としてあぶりだされました。

しかし、そういったユーザーの中には、原文を読むと「そういうことだったのか」と気づくことができる者もいます。つまり、彼らは読解力が無いから皮肉が理解できなかったわけではなく、原文に目を通した人と肩を並べて議論をするには時期尚早であっただけだと考えられます。

 

なぜ「最後に」まで読めない?

このホームページは「最後に」という章でラストスパートをかけるように皮肉が大量に書き連ねられています。この部分を読んで、このホームページの意図を確信できるため、「最後に」まで読んでないと思われるユーザーに対して「最後に」まで読んで!というリプライが飛び交いました。

「最後に」をいわゆる「結論」だとすると、このホームページの「序論」「本論」は東京五輪学生ボランティアを応援するという体裁を取っています。したがって、狂信的に五輪の良さや五輪学生ボランティアの良さを伝えようとするため、違和感や嫌悪感を覚えます。

おそらく、この違和感や嫌悪感が「最後に」まで読めなくさせる原因だと考えます。このホームページを閲覧するためにお金は払っていないから途中で読むのを辞めてももったいなくない、これから先もこの違和感や嫌悪感が続くなら読むのをやめようと判断するのでしょうか。例えば、映画館に行き、開始数分で「この映画面白くないな」と思っても、チケットを買ってしまっているため、なかなか途中退出する勇気は湧いてきません。しかし、最後まで観てみたら意外と面白かったということもあるはずです。しかし、YouTubeならどうでしょうか?自分の観たい動画だけを観て、自分が面白くないと思った動画はすぐに閉じる(意地悪なユーザーは低評価や批判コメントを残すのでしょうが…)ことができます。このホームページは後者に近いと言えます。食わず嫌いができてしまう環境がインターネットなのかもしれません。

 

「最後に」まで読んだけど

中には、「最後に」まで読んだけど、いわゆる「序論」「本論」と矛盾しているという指摘するユーザーもいます。

このホームページは「最後に」以外の「序論」「本論」にも皮肉が散りばめられています。したがって、このような指摘をするユーザーは「序論」「本論」を純粋に東京五輪学生ボランティアを応援する論旨だと誤解してしまっていると推察されます。

こういった誤解をするユーザーは、ある特定の単語やフレーズを真実だと疑わず、信じてしまい突っかかってしまう傾向があると感じます。例えば、タイトルである「東京五輪学生ボランティア応援団」。この名前を信じて疑わない人には、「序論」「本論」は東京学生ボランティアを応援する文章に見えるのでしょう。そもそも、「東京五輪学生ボランティア応援団」とは何なのか、実在するものなのかを疑うことができる批判的思考力が重要であるといえます。そのような批判的思考力があれば、団と名乗るのに団員と思しき人物が一名しかいない、団員の募集をしていないなどといった不自然な点に気づくことができます。

さらに、「早稲田」なのに矛盾した文章を書いているといった的外れな指摘もありました。これは、「早稲田」という大学名に固執している例です。そのユーザーが「早稲田」に対して抱いているイメージが、思考を歪ませてしまい、ホームページのどの文章を読んでも「早稲田」であることがつきまとってしまうと考えます。こうした歪んだ思考では正常に文章を解釈することは難しいはずです。しかし、少なからずこのホームページからだけでは、作者が本当に早稲田大学の生徒であることは明らかでありません(本当に早稲田大学の生徒である可能性もあります)し、そもそも作者が早稲田大学の生徒であるかは、そこまで重要な問題ではありません。

団体名やタイトルといった文章の根幹をなすものへも批判的思考を持つ力、どこが重要かを客観的に察知し重要でない情報は捨てながら読み進めていく力が、インターネット上の文章を読む上で大事だと感じました。

 

余談ですが、私のインスタのプロフィールは #(好きな番組名) #(好きな劇団名)と書いてあります。先日、DMで「(好きな番組)に出演されてる方ですか?」「(好きな劇団)の劇団員の方ですか?」と送られてきて驚きました。私の投稿を見れば私が芸能人でないことなど明らかですし、(好きな番組)や(好きな劇団)をインターネットで調べれば自分が出演していない、所属していないことなどすぐに判明します。「名前」が書かれているだけで、「出演している」「所属している」というところまで論理が飛躍してしまうことに驚愕しました。私にDMを送る前に、客観的に「んなわけねえだろ?」と思ったり、ググったりしてくれよ!って思いました。

このブログを読んでくださった方の中に、「あなたがあのホームページの作者なんですか?」なんて言いだす人がいないことを願います。

「涙の表面張力」メンバーへの期待① : 向井地美音

小栗有以と向井地美音
岡部チームAのセンター・エースの座は、小栗有以と向井地美音の2人が奪い合うことが予想されます。
向井地美音は次世代メンバーの中でも安定した人気を誇り、44thシングル「翼はいらない」で単独センターに抜擢されましたが、第9回選抜総選挙では17位と痛恨のランクダウンで選抜落ち。
一方、小栗有以は昨年卒業した渡辺麻友が認めた後継者ということで追い風も吹いており、人気急上昇中。
小栗有以のシングル単独センター待望論も根強く、一見、向井地美音がチームA内、およびAKB48内のエース争いに遅れをとっているように見えます。
しかし、小栗有以はまだ16歳。
女性アイドル業界全体として高齢化が進む中、16歳という年齢はまだ若く、深夜の生放送番組・イベントに出演できなかったり、グラビアなどにおける衣装の制限があったり、活動に制約があります。
また、学業との両立も難しいところであり、アイドルとしてフルに活動することができない年齢です。
一方で、向井地美音は20歳。
アイドルとしてフルに活動できる年齢です。
小栗有以が安定した人気を獲得し、アイドルとしての適齢期を迎えるまでは、向井地美音を現行のエースとして立てるのが自然だと考えられます。

 

脱・大島優子の後継者
向井地に卓越したセンター適性があるかと言われたら疑問符がつきます。
同期の15期生には、カップリング楽曲を中心に数々の楽曲でセンターを務め、ドラマの主演にも抜擢された大和田南那という絶対的存在がいました。
大和田南那と向井地美音の関係は、前田敦子大島優子の関係にも例えられ、大和田が卒業するまでは、向井地は大和田に次ぐ二番手という印象がありました。
大島優子は卒業に際し、自身のヘビーローテションのセンターの座と衣装を向井地美音に託し、事実上、向井地は大島優子の後継者といった形になりました。
その後の組閣で、向井地は大島優子が加入から卒業まで所属していたチームKに配属され、このまま大島優子の後継者として活動すると思われました。
しかし、今回の組閣では大島優子が一度も所属したことのないチームAに配属されました。
事実上、大島優子の後継者という看板は外した形となりました。
子役出身である、低身長であるなど大島優子と表面的な共通点はたくさんあったものの、大島優子の魅力の1つであった低身長をカバーするはつらつなパフォーマンスは誰にも真似できるものではありません。
大島優子の後継者という重すぎる看板を外し、大島優子のようなセンターあるいは、センターそのものに固執しないことで向井地本来の魅力が引き出せるのではないかと考えます。

 

直近の成功者 川栄李奈に続け
チームAは前田敦子をはじめ、大島麻衣小嶋陽菜篠田麻里子指原莉乃などAKB48の活動を行いながら外仕事を着実にこなすメンバーが多く在籍していました。
残念ながら、向井地美音は低身長で小嶋陽菜篠田麻里子のようなモデル仕事には向いておらず、優等生な印象が強いため大島麻衣指原莉乃のようなバラエティー仕事にも向いていません。
そのため、彼女が請け負える外仕事は消去法で女優業となります。
前田敦子大島優子など卒業後、主演クラスの女優として活躍するメンバーもいますが、一度主演級の待遇で迎えられてしまうと、主演以下の役でキャスティングされにくく、継続的にメディアに出続けることは難しくなってしまいます。
しかし、卒業生で元チームAの川栄李奈は脇役クラスの女優として継続的に数々のドラマに出演し、複数のCMに出演するなど人気を博しています。
脇役を演じることは主演を演じるより敷居が低いように感じますが、主演を立てながら演技するという高度なスキルや、華がありすぎてもなさすぎてもいけないという奇妙な資質が求められます。
向井地はドラマ「豆腐プロレス」で、主演の宮脇咲良の親友役を名演していたことから、脇役を演じるスキル・資質が十分にあると考えます。
子役時代、ドラマ「アンフェア」にて、主人公の篠原涼子の娘役を演じたという輝かしい経歴を前面に押し出しながら、向井地がAKB在籍中に第二の川栄李奈になることを期待します。

 

まとめると…
◯小栗有以が育つまでは向井地美音
向井地美音大島優子ではない
川栄李奈のような脇役もできる女優に

AKB48 : 12周年目にして「真面目」というグループカラーが確立

岡田奈々向井地美音高橋朱里
ここらへんのメンバーが、
今の純AKB(以下、AKB48)の顔と言えるでしょう。

正直、
他の姉妹グループのフロントメンバーや、
神7がいた頃のAKB48と比較してしまうと、
真面目で良い子たちなんだけど、
タレント性に欠ける……と感じてしまいます。

これはあくまで私の感覚で、
私は努力の人よりも生来的な華を持った人に
憧れを抱く傾向にあります。

例えば、
14期生であれば、岡田奈々より小嶋真子
15期生であれば、向井地美音より大和田南那
16期生であれば、浅井七海・山内瑞葵より田口愛佳
といった感じです。

小嶋真子・大和田南那・田口愛佳は、
前田敦子が築き上げたセンター像に
フィットしているメンバーでしょう。

しかし、
大和田南那は
素行があまりよろしくなく卒業
小嶋真子
某掲示板では酷いあだ名を付けられ失速
田口愛佳に関しては何もありませんが、
浅井七海・山内瑞葵と比較すると、
相対的に真面目さに欠く印象があります。

私は、
華があるメンバー、
タレント性があるメンバーに関しては
素行がどんなに悪くてもOKというスタンスです。

須藤凜々花の結婚宣言についても、
抜群の才能・スキルを兼ね備える彼女だから、
まったくもってOKだと思いました。

ですから、
AKB史上トップクラスのルックスを誇った
大和田南那の卒業は、
非常に 痛い と感じました。

意外と、
私のようなスタンスのファンは
たくさんいるように感じます。

現在、
栄華を極めている乃木坂46のスタンスは
私のそれに類似していて、
今でも不倫報道があったメンバーが
当たり前のようにメンバー活動をしています。

中には、執拗にスキャンダルを持ち出して
当該メンバーを批判し続けるファンもいますが、
その件をスルーするファン、知らないファンが
多数派な印象を受けます。

ただ、
福神常連だった松村沙友理
見事、復活を果たしたのに対し、
アンダー常連だった川村真洋
存在が淘汰されているところが
残酷なところであります。

このように、
アイドルに素行の良さを重視しない
いわゆるライト傾向にあるファンは
乃木坂46に流出したと思われます。

そこで、
AKB48にそのまま残ったのは、
恋愛禁止の遵守を重要視し、
アイドルに処女性を求めるファン層でしょう。

このファン層に受け入れられやすいのが、
岡田奈々高橋朱里向井地美音のような
真面目なメンバーなのでしょう。

AKB48のグループカラーを語る上で、
無視できないのは総監督の存在です。

初代総監督の高橋みなみ
「遊びな遊びな」という名言を残したのに対し、
マジレッサーの異名を持つ二代目総監督の横山由依
真面目さで頂点に上り詰めました。

このように、
AKB48に留まったファン層、
そして現在の総監督の人柄から、
AKB48のグループカラーは
「真面目」とするのが自然でしょう。

小嶋真子加藤玲奈のような
いい意味で真面目に見えないメンバーは、
今のAKB48では損な役回りかもしれません。

ただ、
AKBのグループカラーが真面目なだけであって、
メンバーには、
真面目の上にさらなる個性が求められます。

次回以降、
岡田奈々向井地美音高橋朱里
スポットライトを当てていきます。